呼び出しチャイムの音って誰が作ってるの?

呼び出しチャイムの音って誰が作ってるの? 呼び出しチャイムは色々な場所で活躍するアイテムです。
玄関に設置される事も多く、訪問者が呼び出しチャイムを押す事で大声を出さなくても、自分の訪問を相手の家の人々に伝える事が出来ます。
昔ながらの簡単な電子音が鳴るだけの呼び出しベルもあれば、音楽が一曲、あるいはワンフレーズ流れる呼び出しチャイムもあり、最近では面白い音楽が流れる製品が人気です。
ホームセンター等に行けば、色々なメロディの流れる製品が比較検討出来ます。
素朴な疑問として浮かび上がるのが、呼び出しチャイムの音楽の作者の存在です。色々なメロディがあり、一体誰が作っているのか不思議に思う人々もいるはずです。
作者はそれぞれですが、主にクラシック音楽や民族音楽が採用されており、前者の作者は欧州の作曲家、後者は民間に伝わった伝承等が元ネタなので細かい意味での作者は不明です。
クラシック音楽等は、いわゆる著作権法の対象外であり、色々な製品のメロディとしてフリーで使えるため、多くの企業が欧州の作曲家のメロディを採用しています。

呼び出しチャイムの音はメールにも使われている

呼び出しチャイムの音は、家庭やオフィスなどでも誰かが訪問された時に告知するタイプの音です。
ただ音の種類も幾つか存在しますが、何か用があると抱かせる音が重要となります。
一般的なタイプとしてはピンポーンという音が主流ですが、中には音楽タイプの呼び出し音も存在します。そういった呼び出しチャイムの音は、メールでの呼び出し音としても使用されることも多くあります。
誰かからメールを受信した場合、それを認識するために用いられることも多く、それが鳴れば受信したと解るようになります。
実際には一般的なチャイムであるため、スマートフォンなどの携帯端末に元々、内蔵されていたりします。
もしスマートフォンなどの携帯端末に内蔵されていれば、それをメール受信時に鳴らす様に操作設定することで対応できます。
一方、呼び出しチャイムの音が内蔵されていない場合でもネット上の音の一覧からダウンロードして機種に取り込み、それを設定することで使用することも可能です。